鍵開け修理の料金相場

鍵開け修理の作業料金

鍵を紛失してしまったり、急に開かなくなったりして出張業者に来てもらうときに最も気になるのは、鍵開け修理の作業料金ですよね。

鍵開け・鍵作成など鍵に関わる作業は、非常にニッチな仕事でもあります。

緊急で出張修理をお願いし、鍵を開けてもらったり新しく作ってもらったりすると、予想外のお金が発生してしまうものです。

大手の鍵開け業者や小さい個人店舗など、私たちの身の回りには様々な形態のカギ業者がありますが、なかには適正ではない価格を請求してくる業者が存在しているため注意が必要です。

当ページでは、鍵開けや鍵交換、作成に掛かる料金の相場をまとめていますので、これから修理を依頼する方はぜひ一度ご確認ください。

作業料金

例えば、なんらかの事情で自宅の鍵が開けられなくなった、または、自宅や車の鍵を新たに作成する必要が出てきた際には、鍵の業者を呼ぶことになります。

鍵師への代金内訳でまず一番大切なのは作業料金です。
鍵開けや鍵作成・シリンダーの交換などをお願いすると、鍵師の命である「技術料」が発生します。

そしてもう1つ請求される料金として「出張料金」が挙げられます。
鍵開け修理のほとんどのケースでは鍵が開けられなくなっている現場まで鍵師が出向くことになるので交通費などを考慮した料金が発生するのです。

【修理費用の内訳】
作業料金 + 出張料金 (+部品代)

なお、鍵開けの料金はすべて一律というわけではありません。
比較的簡単にピッキングで対応できるシリンダーもあれば、防犯性能が高いために開錠作業が難しいものもあります。
当然ですが後者の修理の方が作業料金は高くなります。

車の開錠の場合も、国産車か外国製の車かによって料金が変動するケースが多いです。
特に高級車は鍵の構造が複雑になっていることが多く、ピッキングが難しい場合もあります。

鍵開け作業の料金目安
住宅などの鍵開け 8,000~15,000円
ロッカーやデスクの鍵開け 5,000円前後
バイクの鍵開け 7,500~9,000円
車の鍵開け 8,000~10,000円

当サイトがお奨めする「鍵の救急サポートセンター」では住宅8,000円~、車両8,000円~と、業界内でも最安レベルの作業料金が設定されています。

鍵作成の料金目安
一般的なシリンダー 9,000~16,000円
防犯性の高いシリンダー 10,000~20,000円

一般的なシリンダーとは、ピンシリンダーやディスクシリンダーなど普及度が高いタイプのことです。
ディンプルシリンダーなどの防犯性の高いシリンダーはピッキングが難しく破錠性が高いため、作業料金が高まる傾向があります。

バイク 8,000~18,000円

バイクの場合は大きさ(原付・中型・大型)によって料金が異なり、車体が大きいものほど作業料金は高くなります。
なお、ハーレーダビッドソンのような外国製の高級車も、作業料金が高めに設定されていることがほとんどです。

国産車 9,000~13,000円
外国車 10,000~17,000円

車の場合も国産車と外国製の高級車で大きく料金が違うことがあります。

大手鍵開け業者の料金を比較

最後に、大手の鍵開け修理業者を参考に、具体的な料金設定(税込表示)を見てみましょう。

作業料金
(住宅の開錠)
出張料金
特徴
鍵の救急サポートセンター
8,800円~
無料
・運営歴/対応エリア/料金でバランスの取れた優良業者
・追加料金/キャンセル料金無しの安心プラン
鍵のトラブル救急車
8,800円~
無料
・1,000円/3,000円割引有
・累計36万件の実績
カギ開けnavi
8,800円~
※HPに記載なし
・年間20万件の受付実績
・東証上場会社
カギ110番
8,800円~
※HPに記載なし
・カギ開けnaviと同一運営会社
鍵ドットコム
8,800円~
無料
※遠距離の場合は発生
・車/バイクの鍵開け(イモビ)も対応
・10年以上の運営歴

こちらの比較表をご覧いただければすぐにお分かりでしょうが、大手鍵チェーンの場合はどこも同じような料金設定となっています。
出張料金を無料としている業者がありますが、「作業料金が出張料金を含めた価格設定」としているところも一部あるようです。

同じ都道府県内に拠点がいくつもある地域密着のカギ修理専門店は、「作業料金が4,000~5,000円で出張料金が無料」としているケースも見られます。
ある程度の規模がある地域密着業者がない場合には、上の表にある大手チェーンに依頼するのが無難でしょう。