賃貸マンションの合鍵作成時の注意点

落とし物の鍵を拾った人

マンションやアパートをはじめ、賃貸住宅に入居する際は基本的にメインキーと合鍵の2本が渡されます。
同居人や実家に住む親など鍵を使う人が3人以上いる場合や、2本あるうちの1本を紛失してしまった時は、合鍵を作る必要があります。
この場合、賃貸契約上は合鍵を作る際に管理会社や大家へ申告することが義務づけられていて、勝手に合鍵を作ることを禁止しているケースもあるので注意しましょう。
しかし、合鍵の作成を申告した場合、退去時に鍵交換する費用の負担を求められるなど借主にとって不利になることもあります。
当ページでは、このような賃貸マンションにおける合鍵作成時の注意点と実情をまとめているので参考にしてみてください。

合鍵の作成はバレる?

合鍵を無断で作ってはいけないというルールがあっても、鍵屋に既存の鍵を持ち込めば簡単に合鍵を作ることができ、個人情報を確認されることもありません。
つまり、自己申告をしない限り、勝手に合鍵を作ってもバレることはないのです。
正規の方法を取りたい方は、事前に申告をして退去時には合鍵を含めて返還するようにしましょう。
ちなみに合鍵の作成費用はギザギザタイプのシリンダー錠で600円前後、ボコボコしたディンプルシリンダー錠で約3,000~6,000円です。

申告によるトラブル

合鍵を作りたい旨を申告して断られることはありませんが、大家さんによっては、合鍵を作るなら退去時に鍵交換の費用を負担するようと言われることがあります。
特に紛失したことを理由に合鍵を作りたいと伝えた場合はシビアな対応をされやすいので注意しましょう。
正規の方法で合鍵を作りたい場合は、賃貸契約を結ぶ時点で「鍵を使う人が多いので合鍵を作っても平気ですか?」と確認しておくとよいでしょう。
入居時に相談しておけば、「それなら鍵交換費用を上乗せする」などと、借主に不利な条件を突きつけられることは滅多にありません。

ルール確認をしておく重要性

賃貸マンションに入居する際は、事前に合鍵や鍵交換の履歴などを確認しておくようにしましょう。
無断の合鍵作成時のトラブルを回避できるほか、セキュリティ面の確認をすることができます。
合鍵を作りたい相談をして「どうぞご自由に作ってください」などと回答する緩い所では、前の住人が合鍵を作って持ったままになっているリスクが高いです。
一部で元住人が合鍵を使って不法侵入するトラブル事例があるので、合鍵のルールと入居時に鍵交換しているかしっかり確認しておくと安心です。

管理がしっかりしている賃貸マンションは、大家の負担で住人が入れ替わる度に鍵交換をしているケースがあります。
また、鍵の管理が適切でなかったとしても、監視カメラが設置されているマンションであれば、元住人が合鍵を使って不法侵入するリスクが低いです。
不安を感じた場合は、実費対応で入居時に鍵交換をしたり、賃貸マンションでも使える後付けの補助ロックを活用したりするとよいでしょう。

鍵交換はできる?

賃貸マンションの鍵はオーナーの所有物になるため、無断で交換することはできません。
ルール上は鍵交換をして退去時に元の鍵に戻すのはOKになっていることもありますが、管理者の巡回などで鍵交換を指摘されてトラブルになるケースがあります。
また、分譲マンションの場合は部屋のオーナーではなくマンションの管理規則の都合で、定められたメーカーの鍵以外に交換することを禁止している場合があります。
賃貸マンションで鍵交換をしたい場合は、必ず事前に確認を取るようにしましょう。
即答でOKと言われた場合でも分譲マンションの場合は管理者(管理人や管理会社)からも確認をとっておくと安心です。