鍵の種類や見分け方

鍵の種類や見た目の違いをレクチャー!

家の鍵には複数の種類があり、防犯性能も大きく変わってきます。
賃貸住宅を探す時は内覧に行った際に鍵やシリンダーを見て種類を確認するとよいでしょう。
鍵の種類と外観による見分け方、特徴をまとめました。

ピンシリンダー(ピンタンブラー)

ピンシリンダーはよく使われる鍵

古い鍵で多く使われているタイプで、玄関の鍵で主流になっています。
一列に並んだタンブラーの形がピン状になっていて、鍵の片側は平坦、もう片方はデコボコになっています。ピッキングされやすく、防犯性の低い鍵です。
持ち家で未だにピンシリンダーの場合は、シリンダー交換をオススメします。

ディスクシリンダー(ウェーハータンブラー錠)

ピンシリンダーは片面が平坦なのに対して、ディスクシリンダーは両面がデコボコに形が付いていて、中央の凹みの入った線も大きめになっています。
ピンシリンダーより防犯効果は高く、登場した時には大きなシェアを誇っていました。しかし、現在はピッキングするノウハウも進化してディスクシリンダーでも簡単に突破されてしまいます。
シリンダーの形状はピンシリンダーと似ています。

ロータリーディスクタンブラー

ディスクシリンダーの後継的存在で見た目は非常に似ています。
外筒と内筒とを貫く部品が独立していて、ピッキングの難易度を大幅に向上させた構造です。
導入費用の安さがメリットですが、腕の悪い業者で合鍵を作ると開かないケースもあります。

ディンプルシリンダー

一般的な防犯シリンダーはティンプルタイプを指すことが多いです。
鍵は側面をデコボコにするのではなく、平たい鍵の中に円状の凹みを複数あるタイプです。
ティンプルシリンダーであれば、ピッキングされるリスクは大幅に軽減されます。
鍵先は丸いのでズボンのポケットやカバンに入れた時にカギが原因で穴を空けてしまうリスクも軽減されます。

マグネットタンブラーシリンダー

見た目はディスクシリンダーやティンプルシリンダーと似ているタイプが多いですが、鍵とシリンダーに磁石を設置して、複雑に配置したS極とN極が噛み合わないと鍵を開けられない構造になっています。
家の鍵以外にもスーツケース、バイクのシャッターキーなどに幅広く採用されています。
防犯性は高いですが、磁石が弱まったり、鍵についている磁石が落ちると鍵が開かなくなるデメリットがあります。

カードキー

カードキーを持つ女性

最近主流になっている電子キーの1種です。
新築の建売住宅で標準装備されることも多いです。
カードキーを入れたりタッチさせることで鍵を開錠できます。
財布やカード入れ(定期入れなど)に収納できるので持ち運びが便利です。
カードキーの中のICチップを潰したり、停電で電力供給を得られると開けられなくなるデメリットがあります。

その他の電子キー

数字を合わせるタイプや指紋認証、顔認証などの鍵があります。
数字のみで開けられるタイプはマンションのオートロック部分に採用されることが多く、一般家庭では情報流出時のリスクが高いため普及率は低いです。
電子認証なので、故障や停電時のリスクはありますが、鍵を持ち歩きたくない要望も多く普及率は年々上昇しています。