防犯性の高い最新玄関ロック

最新の玄関ロック事情を調査

自分は大丈夫、そんな根拠の無い自信を持って防犯対策を怠っている人は大勢います。万が一に備えることは一見すると無駄に見えるかもしれませんが、空き巣などの被害にあってからでは遅いのです。

たった1回だけ自宅の鍵を閉め忘れただけで、運悪く空き巣に入られてしまった不幸な人もいます。
常日頃から防犯対策をして、意識の高い行動をしておけば被害を未然に防げるでしょう。

また、鍵を掛けているだけでは不十分なのが防犯対策の悩ましいところです。
ピッキングやサムターン回しなど、鍵を掛けていても空き巣に入られてしまうのは問題です。
玄関の鍵、そこは自宅を守る最後の砦と言って良いでしょう。

世に蔓延る空き巣を撃退するべく、日々新しい玄関ロックが研究されているのです。
防犯性の高い最新の玄関ロックにはどのようなものがあるのか紹介したいと思います。

鍵穴の無いカードキー方式の玄関ロック

ポストの中は鍵を隠す定番の場所

新しく建てられるマンションで積極的に導入されているのが電子ロックです。
鍵穴が玄関に存在せず、カードキーなどで開錠するシステムを採用しているのです。

当然ですが、鍵穴が無いのでピッキングされる心配はありません。
自動ロックなので鍵の閉め忘れにも安心できるでしょう。
防犯性が高いため空き巣の撃退が期待されます。

こうした電子ロックは業者に依頼すれば一戸建ての玄関にも設定が可能です。
空き巣は鍵を開けるのに時間を掛けたくないため、手間が掛かる電子ロックは有効です。

他には、暗証番号を入力するテンキーなども存在しています。
パスワードを入力するので見ず知らずの空き巣が犯行に及ぶ可能性は皆無です。

ただし、知人や顔見知りによりパスワードを盗まれて被害に合うケースがあります。テンキーの場合は絶対にパスワードを知られないように保管しましょう。

自動車でお馴染みのスマートキーも玄関ロックに採用されています。近付くだけで自動で鍵の開錠と施錠が出来ますし、やはり一般的な鍵よりも強固なセキュリティーです。

簡単に防犯性を高める方法

最新の玄関ロックを業者に頼んで設置するのが難しいなら、防犯グッズを利用するのが良いでしょう。

本物そっくりなダミー監視カメラを玄関に取り付けたり、鍵にサムターン回しを防ぐガードプレートを付けたりすると効果的です。玄関の鍵が1つしかないなら、補助カギとして2つ目の鍵を取り付けるのも空き巣対策に有効です。

鍵を開ける手間が増えれば増えるほど、空き巣被害を防げるのです。

しかし、こうした対策はあくまでも防犯性を今よりマシにしているだけに過ぎません。
最新の玄関ロックを導入して、万全のセキュリティーにしておく方が防犯性が高まるでしょう。