自宅の防犯対策

自宅の防犯対策を行おう

鍵は壊そうと思えば、意外と簡単に壊れるし、家のドアなんてやろうと思えば簡単に破壊することができます。

「どんなに対策をしたって、誰かが実力行使をしてきたら防げないのでは?」
「入ろうと思ったら鍵なんて関係ない。」

そんなことはありません。
防犯対策をするとしないとでは、犯行に狙われる可能性が格段に違ってきてしまいます。

やはり窃盗集団にとっては、防犯に対する意識が低い家、油

断や隙の多い家というのは、圧倒的に狙いやすいということは間違いありません。

防犯対策の強いシリンダーに交換

ピッキングというは、ピックなどの特殊用具を駆使してシリンダーを回転させて開錠することです。

このピッキング作業は、シリンダーの形状や構造によって作業難易度が変わってきます。普及しているピンシリンダーやディスクシリンダーなどは比較的、ピッキングがしやすいといわれています。

構造的に複雑であることがピッキングを難しくするのです。

「トライデントシリンダー」といわれる鍵穴が三つ又に分かれているものがあり、こちらはピッキングに対して構造的に強いといわれています。

「ディンプルシリンダー」は、ピッキングに対して強い構造を持っているだけでなく、物理的な破錠に対しても強いという特徴を持っています。
高精度な切削加工が施されていることが理由に挙げられます。またいわゆる鍵状のギザギザがないため、鍵穴への挿入もスムーズで取り扱いも便利で、おすすめのシリンダーです。

1ドア2ロック

ガラス窓やサッシ扉などでは備わっている錠前の他に、ガラスや戸の上下などに補助錠を取りつけることが良いといわれており、意外に取り入れている家庭も多く、またピッキング対策についても一定の効果を上げているといわれています。

コスト的にも導入しやすい方法といわれておりおすすめです。

センサーライト

センサーライトは時に迷惑?

夜近所を歩いているとときどき民家の前で明るくライトに照らされることがあります。これはセンサーライトと言って、人や動物など動くものを感知して、それに反応してライトが明滅します。

今これからピッキングをしようとする人に対しては威嚇になり、夜間の侵入は比較的少ないというのも押さえておきたいです。

また音による威嚇という意味で防犯ブザーもおすすめです。
防犯ブザーが鳴り響いている中でピッキング続ける人はまずいないでしょう。
扉が振動するのに対して感応するセンサーなどもあります。

ただこういった防犯グッズは一定の効果はあるものの、誤認によって反応すると周囲や近所の迷惑になることも忘れてはなりません。