スーツケースの鍵開け&防犯対策

旅行で持って来たスーツケース

旅行の必需品であるスーツケースは、鍵の紛失や故障などによるトラブルが起こりがちです。
また、海外旅行ではスーツケースを狙った盗難が多いので、防犯対策を徹底しなければなりません。
そこで、スーツケースの鍵トラブルを回避するポイントをご紹介します。

スーツケースの鍵を紛失したら

スーツケースの鍵は大きく分けて「フレームタイプ」と「ジッパータイプ」があります。さらに、それぞれに南京錠が付いているタイプやシリンダーキー、ダイヤルキーがついているタイプなど、複数の種類があります。
この中でも特に鍵の紛失トラブルが起こりやすいのはシリンダーキーがついているタイプで、紛失だけではなくピッキングによる犯罪も起こっています。

玄関の鍵と同様で、ギザギザではなくボコボコした形状のディンプルシリンダー錠あればピッキングされるリスクが低くなります。
安いスーツケースの場合は簡単な構造になっていることが多く、安全ピンや針金などを鍵穴に入れてグリグリ回すだけで開錠できてしまう場合もあります。
また、鍵穴の奥まで入るマイナスドライバーがあれば、強引に鍵穴を壊しながら開けることができます。
旅先で鍵をなくしてすぐに対処したい場合は、旅行が終わったらスーツケースを買い換えることを前提に自分で鍵開けに挑戦するのも一つの手です。
ディンプルシリンダー錠や一流メーカーのしっかりしたスーツケースは、鍵の防犯性能が高いので自力で鍵開けするのは困難です。
この場合は、現地の鍵開け業者や空港にあるリペアショップに相談しましょう。

海外で紛失した場合は、鍵開けではなく鍵やスーツケースそのものの破壊で対応されるケースもあります。
スーツケースを持って旅行や出張に行く際は、メインキーの他にスペアキーも持っていくなど、鍵の紛失対策は入念に行ってください。

ダイヤルロックキーについて

鍵の紛失リスクがないタイプの鍵として人気を集めているのがダイヤルロックキーです。
しかし、ダイヤルロックキーのスーツケースで旅行に行く際は以下の注意点があります。

・3桁や4桁だと、盗難して自力で鍵開けされる恐れがある
・アメリカでは、TSAロック以外の鍵を施錠をしたスーツケースを持ち込むことができない

アメリカでは9.11の同時多発テロ以来、スーツケースを持ち込む際は施錠できなくなりました。
空港のTSA職員が共通の合鍵を持っているTSAロックを使用する場合のみ、鍵を施錠して持ち込むことが可能となっています。
現在、スーツケース用の鍵はTSAロックが主流になりましたが、100円均一で売っているような簡易的なダイヤルロック式南京錠はおすすめできません。
ダイヤルロックを使う場合は、TSAロックの鍵穴付きの商品を選ぶのがよいでしょう。
南京錠タイプであれば通販サイトで1,000円程度で購入できます。
ダイヤルロックキーを活用する際は、渡航先のルールを確認することと、簡単に解錠できない桁数の多いタイプを活用することがポイントです。

スーツケースの防犯対策

スーツケースのセキュリティ

スーツケースの防犯対策には、備え付けの鍵が高性能であるスーツケースを選ぶ方法と、後付けの鍵でセキュリティを強化する方法があります。
トップメーカーのスーツケースは比較的値段が高いですが、頑丈な作りになっており、セキュリティもしっかりしています。
安いスーツケースはフレーム自体が弱く、鍵を2重・3重にかけていても空港での乱暴な扱いなどによりフレームが歪み、スーツケースが開いてしまうことも少なくありません。
また、前述で紹介している通り、アメリカへ旅行する場合はTSAロックを活用しなければ、空港職員に鍵を壊されて中身をチェックされてしまう可能性があるので注意しましょう。

完璧な防犯対策は困難?

スーツケースは簡単に持ち運びできることから、窃盗団はスーツケースを盗んで拠点に持ち運んでから時間をかけて鍵開けや破壊を行うことが多いです。
どれだけセキュリティがしっかりしたスーツケースでも、盗難を100%回避することは困難です。
ただし、セキュリティやフレームが強固なスーツケースは比較的、窃盗団から目を付けられにくいです。
安いスーツケースでも後付けのジッパータイプやベルトタイプのキーを付けて2重3重の防犯対策をしておくと、狙われるリスクを軽減できます。
また、スーツケースは空港職員の扱いなどによってフレームが歪んで破損することが多く、既に開きかかっているスーツケースを狙う犯罪者もいます。
防犯対策を入念に行いたい場合は、鍵だけではなくフレームがしっかりしているタイプを活用するとよいでしょう。