スマートロックの安全性

スマートロックのイメージ

スマートロックとは、スマホもしくはスマート家電の管理ツールから遠隔操作で鍵の施錠・解錠ができる最新の電子キーです。
登録したスマホが鍵になって、スマホからの簡単操作で鍵の開け閉めができるほか、外出先からも鍵のロック・解除履歴や現在の状況を確認できます。
商品や設定によっては、Bluetoothを活用して、スマホの端末が鍵の近くにないと解錠できないようにすることも可能です。

小学生以上の子供を含めて1人1台のスマホを持つのが当たり前になったことで、今後はさらに普及が進んでいく見込みです。
利便性の高さは理解できても、第三者への悪用や電池切れや通信不調などのトラブルなど安全性を懸念している方も多いでしょう。
スマートロックは実績がある大手メーカーの売れ筋商品であれば安全性が高いです。
スマートロックの仕組みや安全性、トラブル解決の方法などを解説します。

スマートロックの悪用リスク

スマートロックには、以下3つの悪用リスクがあります。

1. トラブル対処用の鍵穴からピッキングされる
2. スマホやスマートロックにハッキングされる
3. パスワードなどの登録情報が流出する(スマホ本体の盗難を含む)

一世代昔のスマートロックはトラブル対処用に差し込む鍵(シリンダー)が付いている商品があります。
鍵穴があればピッキングされるリスクがありますが、最新商品は鍵穴のないタイプが主流です。

暗証番号用のキーパッドが付いているタイプは、暗証番号を特定されると解錠されてしまいます。
暗証番号は第三者に特定されにくいものに設定してください。
従来の暗証番号の入力がメインの電子キーは、手垢などでよく使う番号を特定されるリスクがありました。
スマホからの操作がメインのスマートロックは、暗証番号の解錠が可能なタイプでも悪用リスクは低いです。

ハッキングされるなど、情報が盗み取られるリスクについては、商品によって異なりますが、最新の売れ筋商品はセキュリティが強化されています。
公開鍵暗号方式、AES(Advanced Encryption Standard)、SSL通信、Bluetooth4.0など複数の暗号化システムを活用していて、鍵とスマホの同時セットアップしたものでないと解錠できないタイプもあります。
ノーリスクではないですが、電子マネー(モバイル決済・QRコード払いなど)、ネットバンク、ECサイトなどと同等のセキュリティを完備しています。
Bluetoothとのセットアップによる対策もできるので、遠隔操作で悪用されるリスクは極めて低いです。

スマホを盗難された場合は、ロック解除のパスワード管理を適切に行っていれば問題ありません。
これまでスマートロックを狙った犯罪事例はほとんどありません。
不安がある場合は、登録したスマホを持って鍵に近づくとBluetooth通信で自動解錠する設定をオフにしておくと安心です。
セキュリティが衰弱な商品もあるので、スマートロックを導入する際は相場より極端に安い商品を避けて選定しましょう。

スマホを落とした場合の解錠方法

スマートロックのトラブル事例でもっとも多いのは、スマホの紛失や落下・水没などで故障した場合です。
商品によっては、メーカーのサポートセンターに電話すれば遠隔操作で解錠できるタイプもありますが、大半の商品はスマホがないと解錠手段が他にありません。
1人暮らしなど、家族(他に登録しているスマホ)での対処ができない環境はリスクが高いです。
アプリ上で遠隔操作できるタイプは、スマホを無くしても家族へ助けを求められるように、電話番号を控えておくと良いでしょう。
スマホを無くして、家族やサポートセンターでの解錠ができなければ、鍵開け業者を呼んで破壊してもらうしか方法がありません。

電池切れリスク

スマートロックの電池切れ

スマートロックは本体とスマホの電池切れリスクがあります。
最新のスマートロックは、スマホアプリで電池残量が少なくなると警告する機能が標準装備されています。
ほかにも、鍵の外側に外部電源の接続端子を用意するなどの対策をしています。

スマホの電池切れリスクについては、モバイルバッテリーが安価で流通していたり、コンビニでもモバイルバッテリーや充電コードが売っていたりするので、鍵開け業者を呼ばなくても簡単に解決できます。
一部のスマートロックはメーカーのサポートセンターに連絡すると、遠隔操作で解錠できる商品もあります。
スマートロックを購入する際は、電池切れや電波障害時の対応方法を確認しておくと安心です。
メーカーホームページのよくある質問をチェックすると、トラブル対処法に関する記載を確認できます。

電波障害リスク

スマートロック通信

スマートロックの多くは、携帯キャリアや自宅のWi-Fi、Bluetoothなど複数の通信に対応しています。
設定方法にもよりますが、電波障害の影響で一切の操作ができなくなってしまうリスクは低いです。
一部のスマートロックでは、暗証番号や指紋認証など通信を使わなくても解錠・施錠できるタイプもありますが、トラブル事例が少ないことから、売れ筋商品は余計な機能が付いていない通信専用の小型タイプです。

スマートロックの耐久性

スマートロックの耐久性

スマートロックのトラブルで懸念しないといけないのが、端末の故障です。
スマートロックは、IoTの普及した2015年以降に登場しました。まだ歴史が浅い商品なので5年・10年使った利用者のデータがありません。

電源は電池を使っているので落雷リスクがなく、暗号化や認証機能はネット上のクラウド管理しているので、簡単に故障する仕組みではありません。
耐久性に大きな懸念を抱く必要はないですが、低価格の3流メーカーのスマートロックは耐久性に不安があるのでおすすめしません。
念のため、10年を目安に買い換える覚悟を持っておくとよいでしょう。