サムターン回しとは

サムターンとはなにか

サムターンとは、ドアや窓の内側に付いている手で回せる鍵のレバーです。空き巣などの泥棒は、特殊な工具を使って、外側からサムターンを回して開錠させることもあります。
キーシリンダーの防犯効果は高くても、サムターンが無防備だとドアを開けられてしまうので注意しましょう。

サムターン回しの手口

サムターン回しは主に以下の手法があります。

  • ・ドアや壁に穴を空ける
  • ・ドアの僅かな隙間から工具を入れる
  • ・郵便入れ用の穴などから工具を入れてサムターンを回す
  • ・鍵周辺の窓の一部を割る

1番多いのはドアにドリルで穴を空ける手法です。
充電式の電気式ドリルであれば持ち運びも可能で音も少ないです。
サムターン回しは100円ショップでも買えるカバーで手軽に対策もできますが、ターゲットにされると玄関のドアに穴を開けられる被害を受けてしまいます。
できれば玄関に1つしか鍵のないワンドア・ワンロックの場合は、2個目の鍵を増設するなど防犯対策をしている家だと外側からも分かる環境にして、泥棒のターゲットにされないような対策もするとよいでしょう。

自分で行うサムターン回し対策

サムターン回しは自分で対策できる

定番なのは100円ショップで売っているサムターンカバーですが、構造は簡単なためペットボトルを加工するなど、DIYでも対策グッズは作れます。
取り付け方法は基本的に両面テープです。
接着が弱いとサムターン回し用の工具で簡単に突破されてしまいます。
両面テープを付ける場所は脱脂をするなど綺麗にして、両面テープがしっかりくっつくようにしましょう。
粘着力が弱いと感じたら、すぐに交換することも大切です。
このほか、家の外に防犯関連のステッカーを貼るだけでも効果はあります。
100円ショップやホームセンターでステッカー単体で売っているものもありますし、自治体で防犯ステッカーを配布しているケースもあります。

時代とともに変化する泥棒の手口

昔は鍵穴に針金などを入れて開錠するピッキングが主流でした。
その後、ピッキングしにくいティンプルキーが普及すると、シリンダーからの突破が困難になりサムターン回しによる被害が増加しました。
最近は新しい家ではサムターン回し対策を最初から行っていて100円均一の対策品を付ける家庭も増えています。
現在はシリンダーやサムターン回しも対策をしている家が増えたことから、シリンダーやドア、窓を破壊して侵入する事例が増えています。
サムターンが無防備なら、最低限の対策をするべきですが、サムターン回し対策のみで安心してはいけません。