ポストの鍵の種類&防犯対策

家の前に設置されているポスト

昨今は個人情報や宅配ボックスの荷物を狙ったポストの盗難トラブルが増えています。

ポストに鍵をせず、無防備な状態にしてしまっている方も多いのではないでしょうか。
トラブルを防ぐためにも、鍵やポストそのものの変更など、早めの防犯対策を心がけておくと良いでしょう。

ポストの鍵の種類と防犯対策および、よくある犯罪事例をまとめました。

犯罪リスクの高い条件

ポストを狙った犯罪は以下のケースが挙げられます。

・近所の人による犯行
・ストーカーによる犯行
・宅配ボックスを狙った犯行

ポストに届く郵便物の中に、金目の物はほとんどありません。
郵便物を狙った犯罪の大半は個人情報狙いということが考えられます。
家のポストは住所や名前(表札が出ている場合)まで判明しているので、個人情報収集を目的にしている特殊詐欺集団がポストを狙った犯行をすることはありません。

個人で犯行を行う場合が多く、ポストの中身を見てまで個人情報を盗もうとする人は、身近に住んでいる人かストーカーである可能性が高いです。
近所トラブルが多い方や若い女性がいる家は、ポストに鍵を付けるなど入念なセキュリティ対策を講じておきましょう。

また、昨今は通販および宅配ボックスの需要が高まり、宅配ボックスに届いた荷物を狙って、ポストの中身を狙った盗難事件が増えています。
マンションではダイヤルロックの鍵になっていることが多くありますが、一軒家の場合は新築を含めてポストには鍵をつけないというケースがあります。
まずは家のポストの防犯対策を行ってから、鍵の後付けやポストの交換を検討してみてください。

宅配ボックス狙いは厄介

宅配ボックスを利用する場合、宅配業者が不在票などに宅配ボックスに荷物を届けた旨と、宅配ボックスの番号と暗証番号を書いた紙をポストに投函します。
不在票はレシートよりも一回り大きいため、両面テープを貼り付けた棒を使用し、宅配物の情報が書かれた紙を盗むといった事例も出てきています。

つまり、宅配ボックスや不在票の個人情報を狙われた場合、鍵を施錠していても盗まれてしまう恐れがあるのです。

この場合は鍵をつけるだけではなく、不在で受け取れないと分かっている場合は宅配業者に連絡しておく、深い形状のポストに交換するなど、盗まれないための対策をしておくことが大切です。
集合住宅の場合は、管理組合に提案した上で防犯カメラを設置すると良いでしょう。

ポストの鍵の種類

マンションに設置してあるダイヤルポスト

ポストの鍵はダイヤルタイプ、プッシュボタンタイプ、シリンダータイプなどがあり、最近ではダイヤルタイプが主流となっています。

ポストの鍵は玄関・窓・車に比べれば重要性が低く、鍵をかける必要はないと考えられがちです。

主流になっているダイヤルタイプは、左右それぞれの方向に回し、決められた数字に合わせることで解除される仕組みになっています。
アパートやマンションなどのポストに、一番多く取り入れられているシステムです。
ダイヤルタイプはコンパクトで鍵を開ける手間が少ないことが人気の要因となっています。

後付けタイプは南京錠やプッシュボタンタイプなどがあり、南京錠を付ける穴がない場合でも両面テープやポストにビスを打って後付けできるタイプがあります。
ほとんどがネット通販などで数千円程度から購入でき、自分で簡単に設置することが可能です。
ポストの鍵を見直すだけであれば、シリンダータイプの鍵を紛失した際を除いて鍵業者を呼ぶ必要はありません。

また、先述した通り、ポストの鍵をきちんとかけてもポストに入れる穴から盗まれる恐れがあります。
ポストそのものを変更できる場合は、郵便物の投函穴から盗むことが難しくて備え付けの鍵が付いているポストへの交換を検討してみてください。