鍵トラブルはメーカーに頼むべき?

メーカーに依頼を頼むべきか迷っている女性

トラブル対応はメーカーへ直接依頼するのが安心だと思うものですが、鍵メーカーは基本的に個人への対応を行っていません。
最大手のMIWAロックでは、ホームページで合鍵の作成についてもサービス店を介して注文するように案内しています。
電子錠など一部のメーカーは直接対応してくれるケースもありますが、修理や交換で直接出張しないのは、基本的にどこの会社も同じです。
鍵の構造やトラブル対処法はメーカーを問わず共通点が多いので、トラブル発生時の相談先はメーカーの認定店などを重視するのではなく、その地域で評判が良い業者を選ぶべきです。

美和ロック認定 サービス代行店(SD)とは

美和ロック認定 サービス代行店(SD)のスクリーンキャプチャ

国内トップシェアを誇る美和ロック(MIWA)は、サービス代行店(SD)の認定を行っています。
認定を受けるにはメーカーの用意した施設での研修を義務付けられ、 認定後も技術・知識の向上に取り組んでいます。
MIWA製の鍵のトラブルは、サービス代行店の利用を呼びかけていますが、品質や料金は地域の代行店によって異なります。
最低限の技術保証はありますが、鍵のトラブルに対応する業者は、どこでも解錠や交換など最低限のスキルを持っているものです。

信頼性を重視したい場合はメーカーが推奨する認定店を選ぶと安心ですが、スピードや安さを重視している場合は、認定店にこだわらず幅広い選択肢の中から選ぶべきです。
特にMIWA製は国内トップシェアで、どこの鍵業者でも豊富な知識とトラブル解決実績を持っています。

鍵メーカーは基本的に訪問対応をしていない

メーカーは製造と代理店への対応をメイン業務にしているので、個人宅への訪問対応はしていません。
個人が直接メーカーに修理を依頼する場合は、鍵を自分で取り外して郵送でのやりとりになります
鍵の修理や販売を行う民間業者を利用すればメーカー修理の仲介をしてくれる場合がありますが、修理専門会社の場合は出張料や作業料を取られます。

差し込むタイプのシリンダー錠は、購入してすぐに部品が問題の不具合が発生することはほぼありません。
新築で主流になっている電子ロック(電子錠)はメーカー保証が適用されるケースが多いです。
電子ロックを導入して間もない時期に故障した場合は、施工会社に連絡することで、出張料・作業料無料で対応してもらえます。
特に新築時、ハウスメーカー(施工会社や不動産販売会社)はアフターサポートに力を入れています。

鍵トラブルは購入時期や保証の有無によって相談先を確認しましょう。
まずは無償対応してくれる施工店に連絡してみてください。
すぐに対応できない場合は提携店を紹介してもらえる場合があります。
夜間や休日など施工店と連絡がつかない際に鍵トラブルで家に入れなくなった場合は、民間の修理業者を利用するしかありません。

火災保険などの鍵のトラブルサポートサービスがないか確認する

鍵トラブル発生時は、火災保険や不動産契約(売買・賃貸)の契約をした際のオプションや付帯サービスで、鍵のトラブル対応サービスが付いていないか確認してみてください。
対応しているサービスがあれば出張料と30分以内の軽作業程度は無償対応してもらえる可能性があります。
故障の診断や応急処置を目的にしている場合は、まずは無料で出張してくれるサービスを最優先に検討しましょう。
故障内容や保証有無によって、後からメーカーや施工店に連絡をする方法もあります。
鍵のトラブル発生時は、費用、保証、スピードなど優先順位を明確にして相談先を選定しましょう。