車の鍵の種類

車の鍵のイメージ

車の鍵の種類を防犯の観点で区別すると以下の種類があります。

  • イモビライザー付き
  • アラーム付き
  • その他の防犯性の低い鍵

新しい車の乗用車はイモビライザーの装備が標準化されています。

アラーム付きは、ボタンでドアの施錠をできるキーレス機能を応用して、キーレスでドアを閉めた状態で、ドアのキーシリンダーに鍵を入れて開錠すると、ブザーが鳴ってエンジンをかけると解除できる仕組みです。
イモビライザー搭載の鍵ではアラーム機能もセットになっていることが多く、イモビライザーなしでもアラームのみ付いているタイプもあります。

最近の車は鍵を差し込まなくてもエンジンをかけられるスマートキー(メーカーによってインテリジェンスキーなど名称は異なります)が主流になっています。
スマートキーも電池切れや電波障害の時に対処できるよう、スマートキーの中に小さな鍵を内蔵されているタイプが多いです。

イモビライザーとは

イモビライザーは電子認証機能のついた鍵です。
全く同じ鍵を複製で作っても、車で設定した鍵でないと電子信号が噛み合わずエンジンをかけられない機能が付いています。
合鍵を作る場合はディーラーでコンピューターにつないで、車と鍵を同期させることで使えるようになります。
使用する電力は少ないですが、バッテリーから電源供給できるため車でのみ普及しています。
住宅用の場合はバッテリーや家の電源から電源をとっても、電池切れや停電時に使えなくリスクがあります。
電子信号の種類は数百万通り以上とも言われていて画期的な防犯キーとして注目されましたが、最近はイモビライザーを突破する盗難被害が増加しています。

イモビライザー破りの手口

イモビライザーを使用する人

イモビライザーは最強の防犯キーとして期待されましたが、すぐにイモビカッターと呼ばれる商品が登場して破られてしまいました。
イモビカッターはイモビライザーの電子信号を解除せずに新しく書き換えできる装置です。
現在は規制が敷かれて簡単に買うことはできず、鍵開け業者以外は保持しているだけで捕まる可能性もあります。
以前はイモビライザーの登場した初期のタイプのみ簡単に突破されてしまい、各自動車メーカーはイモビカッター対策の鍵に改良しましたが、イモビカッターの性能も進化するなどイタチごっこ状態になっています。
最新のイモビカッターを使えるのはプロの窃盗団のみなので、価値の低い車はイモビライザーが付いているだけで盗難リスクは低いですが、外人窃盗団に狙われやすいハイエースやランクル系など人気車種は純正キー以外にも盗難対策を取るべきです。

まとめ

車の鍵を見るときはイモビライザーの有無をチェックしましょう。
中古の場合は年式によってイモビライザーの信頼度が違うことを覚えておきましょう。
イモビライザーも突破されることもあるので、その他の警報アラームやハンドルロックを付けるなど、他の防犯対策を併用することも大切です。