金庫の鍵の種類

金庫の種類を知ってリスクを事前に把握

金庫もパワーアップしていて、最新のものは生体認証やICチップを使った商品も登場しています。
金庫は現金や通帳、家の権利書など重要なものを入れることが多く、防犯や火災対策の観点ではガッチリしたものでないと意味がありません。
しかし、日常的な開閉をしないため、鍵を紛失するなど、開けられなくなってしまうトラブルも多いです。
プロの鍵開け業者では対応できない金庫はないですが(破壊を含む)、使い勝手やリスクを考慮して購入する金庫選びを行いましょう。
金庫で使われる鍵の種類と特徴をまとめました。

シリンダータイプ

古い金庫では玄関でも使う、平たい鍵を使うタイプもありましたが、最近では円状の鍵が主流になっています。
金庫は開閉する機会が少ないので、鍵も家の中で保管するケースが多いです。玄関など、取りやすい場所に置いておくと、空き巣に入られた時に鍵を見つけて開錠されてしまいます。
円状や小型の鍵は見た目で倉庫だと連想されやすいです。
第三者では鍵を見つけるのが困難な場所に保管しておかないといけません。

ダイヤル式

古くから家庭用金庫で主流のタイプです。
アナログ式なので故障も少なく、番号を見破られるリスクも少ないです。
安いタイプでは番号を決められていて変更できない構造になっています。
番号忘れには注意しましょう。

プッシュキー式

プッシュキー型の金庫

ダイヤル式と同様に番号を合わせて開錠するタイプですが、ダイヤルではなくプッシュボタンで番号を選びます。
ホテルの金庫に多い方式で番号を簡単に変更できるメリットがあります。家庭用で使う場合で、頻繁に金庫の開け閉めを行うと手垢などで、よく押すボタンを見た目で見破られてしまいます。
家庭用としての防犯効果で見ればダイヤル式の方が高いです。数年に1回しか金庫を開けないようなケースで、番号を忘れないように任意設定したり、定期的に番号も変えたい人にオススメです。

ICカード方式

ICチップの入ったカードキーを差したり、電子マネーのように近くでタッチするだけで開錠出来るタイプです。
最新モデルではスマホアプリと連動して金庫の開錠をできるタイプもあります。
カードタイプは鍵をいつも持ち歩いていたい人にオススメです。
故障したり鍵を紛失すると、破壊するしか開ける方法がなくなってしまいます。

生体認証

指紋や整脈認証のものが多く、最近は顔認証タイプも登場していて今後の普及を見込まれています。
高価になるので家庭用で利用する人は少なく会社の金庫などに使われることが多いです。
複数名登録できるので、決められた複数の人が使う金庫にオススメです。