鍵紛失時に何をすべきか?

ショックを受ける男性

私たちにとって鍵を閉めたり開けたりするという行為は日常的に繰り返して行われることです。
まさに毎日の習慣となっており、仕事に行くときにも、買い物にいくとき、デートに出かけるとき、自宅の錠前に鍵を閉めて出かけますね。

そういった毎日の習慣でもある鍵の開閉で、いざ鍵がなくなってしまうと非常に困ってしまいますね。

実際に鍵をなくしてしまうとかなりパニックになります。

例えば、単身者が残業終わりに家に帰って夜遅く家のドアを開けようとバッグを見ても鍵がないと、かなりの精神的なダメージを負ってしまいます。

いざ鍵を紛失した時に何をしたらよいのかをまとめます。

鍵屋さんに開けてもらう

まず第一に考えるのがこれです。

鍵をなくしたことに気が付くのはなんといっても自宅に帰って、「さぁこれから扉を開けよう。」というそのときです。とにかく家に入れないというのはつらいですよね。

鍵なしで玄関を開けてもらうためには、正規の開錠方法ではないピッキングという方法で錠前を解除することのできる鍵師や鍵前技師といった人たちを呼びます。

こういった鍵師さんを派遣してくるサービスの業者はさまざまで、中には24時間対応可能なところもあるので、万が一のときのために事前に調べておくとよいでしょう。

鍵・錠前の交換

鍵師さんに錠前を開けてもらって家に入ったとしても、自分が紛失した鍵はどこへいってしまったかわからないときというのは、不安ですよね。

誰かに拾われて悪用されないとも限りません。
そういう不安が払しょくできないときは、鍵の交換や錠前の交換をしておくことが必要になります。
キーシリンダーを交換してしまえば、紛失した鍵を悪用されることもなくなります。

費用は概ね1万円程度~数万円の範囲で交換できます。

警察への届け出

警察

家の中に入れない、鍵を開けたいという問題は鍵屋さんに頼めばクリアできます。

しかし、もしかしたら鍵を紛失したのではなく、誰かに盗み取られたという可能性もあるので、紛失したことは警察に届け出ることが大切です。

「もうキーシリンダーを交換したからいいや。」ということではなく、万が一のトラブルのときのために正確な状況を警察に知らせておくことも必要です。

また、電車通勤などをしている人は、利用している交通機関、駅やバス会社に連絡しておくのもいいでしょう。落とし物として届けられている可能性もあります。

めんどくさい手続きではありますが、この手続きこそが重要なのです。