鍵が抜けにくい・差しにくい時の対処法

鍵が上手く抜けずに困っている女性

鍵が抜けにくい&差しにくい時の対処法は以下のパターンがあります。

  • 潤滑剤を使う
  • 異物を取り除く(掃除機、エアブロアーなど)
  • 鍵を交換する
  • 鍵穴(シリンダー)ごと交換する

まずは、なぜ鍵がスムーズに抜き差しできなかったり回らなかったりするのか原因を解明して、対処しましょう。

違う鍵で試してみる

鍵の抜き差しなどで調子が悪い時は、保管している合鍵や家族の持っている鍵で試してみましょう。

特定の鍵を使った時だけ問題が出る場合は、差し込む鍵に問題があります。
特に合鍵で作った鍵は精度不足で噛み合わせが悪くなるトラブルが起こりがちです。

このほか、鍵を使っている内に経年劣化や持ち運び時の衝撃などで鍵が変形している原因があります。

特定の鍵を使った時だけ調子が悪い場合は、マスターキーなど調子良く動く鍵を元に合鍵を作るとよいでしょう。

潤滑剤を使う

鍵の動きが悪い時にもっとも手っ取り早く対処できる方法は、潤滑剤を使うことです。

潤滑剤を鍵穴に少量ふきつけるだけで大抵の場合は鍵がスムーズに回るようになります。
ただし、必ず鍵専用の潤滑剤を使うようにして、油が主成分の潤滑油の使用は避けてください。

その理由として、油をさせば確かに鍵が入りやすくはなりますが、ホコリやゴミとくっついて余計に汚してしまいます。
そのことにより鍵穴の状態が悪くなり、最悪の場合は鍵を交換する羽目になってしまいます。

空気の力でホコリを取る

ホコリなどの異物が詰まっている場合は、空気の力で取りましょう。
チリ程度であれば家庭用の掃除機で対処できますが、大きめのホコリはピンポイントで勢いよく空気を送風する道具が必要です。

理想はエアコンプレッサーですが、ない場合は空気の力で細部を掃除する目的で作られたエアブロアーを使いましょう。
エアブロアーは通販サイトやパソコンショップなどで売られていて、値段は1,000円弱が相場です。

鍵穴が原因なら交換しかない

経年劣化による摩耗内部の錆、空気の力では取れない大きくて固い異物が詰まっている場合は、鍵穴(シリンダー)を交換しないと対処できません。

どの鍵を使っても動きが悪く、油やエアブロアーなどを使っても全く改善しない場合は、鍵のシリンダー交換をおすすめします。
玄関の鍵なら防犯キーのディンブルシリンダーがおすすめで、業者に鍵交換を依頼した際の相場は総額で2~3万円ほどです。

大きさなどの商品選定さえ間違えなければ、シリンダーだけ買ってプラスドライバーを使ってDIYの鍵交換をすることもできます。

誤魔化して使うのはNG

調子が悪い鍵穴

鍵が抜けにくい、指しにくい状態のまま、誤魔化しながら使っていると症状が悪化して、最後には鍵を一切回せなくなってしまう恐れがあります。

ある日突然、鍵が開かなかったり閉まらなくなったりする恐れがあるので、調子が悪い時は早めの対処を心がけましょう。
症状によっては、鍵が抜き差しできない状態まで悪化してから業者を呼ぶと、鍵開けで対処できなくなる恐れがあります。

結果的に無理して使うことで鍵開け業者を呼ぶ羽目になったり鍵交換に発展してしまったりするなど、大きな出費が発生するリスクが高まってしまうため、鍵の不調を感じたら、すぐに下記の順番で対処してみてください。

  • まずは他の鍵で試す(鍵に問題があれば調子の悪い鍵は使わない)
  • エアブロアーなどでホコリを掃除する
  • 潤滑剤を使う
  • シリンダー交換を検討する

潤滑剤まで試してダメでDIYの鍵交換ができない方は、鍵が使えるうちに業者を呼んで見てもらうことをおすすめします。