電子錠ってどうなの?

電子錠を使用するマンション

最近は電子錠を採用する新築住宅も増えていて、鍵交換で電子錠の導入を検討する人も増えています。従来のアナログ式よりも利便性は高いですが、紛失時や故障時のリスクも高く口コミでは賛否両論になっています。

電子錠のメリット

電子錠にも色々な種類がありますが、基本的に鍵は不要もしくはカードタイプなど小型化しています。また、玄関まで行かなくても取り付けられたボタンなどから遠隔で施錠をできます。
リビングから玄関のドアを開けたりスマホから鍵の施錠状態を確認できるタイプもあります。
子育て世帯の場合、鍵を持たせていない子供がインターホンを押して、鍵を開けてもらう事例がよくあります。
今までは玄関まで行って内側から鍵を開けないといけませんでしたが、リビングなどインターホンの近くで鍵の開錠もできるので手間を減らせます。
ほかにも、外出先から鍵の開錠状態や履歴をチェックすることで、家族の出入り状況を把握できます。

電子錠の種類

カードタイプ(かざすタイプ) カードタイプ(読ませるタイプ) 生体認証(指紋、整脈、顔など)

どのタイプでも、アナログ鍵に比べてポケットやカバンから鍵を出す動作は楽で紛失するリスクも低いです。日常的な使い方で利便性の高さが電子錠の普及している理由です。

電子錠のデメリット

電子錠のデメリットは故障や電池切れなどで鍵を開けられなくなってしまうリスクと、紛失時の出張鍵開けや合鍵を作る際の費用が高くなることです。
電子錠には電池式と家から電力供給を受ける方式があります。
電池式は電池切れリスクがあり、電力供給するタイプは停電時に使えなくなってしまいます。
通常のアナログキーも付いているタイプもあるので、カバンの奥にトラブル用の差し込む鍵を用意しておいて、日常的にはカードキーを使うと安心です。
しかし、服や持っていくカバンを変える度にアナログタイプの鍵も入れ替えるのは手間で、持ち運びしなくなってしまってトラブルに発展したり、結局アナログ式よりも鍵を2種類入れ替えるので不便という声も聞かれます。

まとめ

鍵を選ぶポイントまとめ

電子錠は日常的な使い方でメリットはたくさんあり利便性は高いですが、カギをなくさなくても電池切れ、停電、故障などで鍵を開けられなくなってしまうリスクがあります。
都心部では家や電子錠のメーカーサポートが充実しているため安心できますが、郊外になると地元の小さな鍵開け業者を呼んでも破壊するしか対処してもらえないケースも出てきます。
また、専業主婦や引退した高齢者が家にいることが多い場合や、家族が多くて出入りの多い場合など家族構成や生活環境によってもリスクは変わってきます。
全般的にはデメリットを認識しつつも利便性を重視して新築を建てる場合は予算の許すことを条件に電子錠を導入する方が多いです。