賃貸で鍵をなくした際の賠償義務

賃貸で鍵を失くした場合

大切な鍵を紛失してしまったり、盗難にあって無くしてしまったりすることがあります。
一戸建てであれば鍵屋を呼んで自宅に入ることになりますし、費用は基本的には自己負担になるでしょう。
では、マンションなどの賃貸物件で鍵を無くしてしまったらどうなるのでしょうか?

鍵の交換にかかる費用は誰が負担するのか、しばしば住人と管理人でトラブルになります。
訴訟にまでもつれ込むケースがあるほど、昔からある鍵の問題について解説したいと思います。

鍵の紛失や盗難時の対応と、それに伴う賠償義務について紹介します。

鍵を無くしたら費用の負担は借り主

残念ながら鍵を無くしたら費用は借り主側が全額を負担しなければなりません。
シンプルな鍵であれば1万円程度の費用で済みますが、ディンプルキーなどを使用する鍵は5万円以上の費用が発生します。

貸主側が善意で鍵の交換を行ってくれるケースもありますが、原則として自己負担になると覚えておきましょう。
これについては国土交通省のガイドライン、鍵の紛失または破損による取り換えは賃借人負担と書かれています。
裁判になった場合もこのガイドラインが参考にされるので、鍵の無くした過失は重いのです。

盗難の場合ですが、犯人が逮捕されれば費用を請求することも可能です。
そうでない場合はやはり自分自身に賠償責任があるので、盗難にあわないように注意しましょう。

また、警察に逸失物届けを出すのも忘れないようにしてください。
鍵が悪用されないように、管理人に伝えるのも重要です。

鍵の交換は必ず管理会社へ報告する

管理会社のオペレーター

紛失や盗難で鍵を無くしてしまったら、すぐに管理会社やオーナーへ相談してください。
自分の判断で鍵を交換してしまうと後でトラブルになりかねないのです。

特にマンションなどの一部施設が共通の鍵になっている場合は要注意です。
場合によってはマンションすべての鍵交換が必要になることもあるのです。
高級なマンションの鍵交換だと50万円以上の金額を請求されるリスクが存在します。
マンションなどの賃貸契約書に鍵の紛失について明記されていない場合でも、過失は借り主側が大きいです。鍵を拾った人や奪った人が悪用して大事件に発展するかもしれないので、下手に隠さず報告しましょう。

原則、紛失や盗難の賠償義務は借り主側にあるのを忘れないようにしてください。
不安な人は鍵の紛失や盗難に対する保険に加入するのをおすすめします。