鍵が折れたときの対処法

もしも鍵が折れたら

丈夫そうに見える鍵でも、細い金属なのでテコの原理が加わるなど、力のかかり方によっては簡単に折れてしまいます。
鍵が折れるケースでもっとも多いのは、シリンダーに差し込んで鍵穴を回そうとしている時です。
鍵穴の中に折れた鍵が残ってしまった場合でも、簡単な方法で自分で取り出せるケースがあります。
ただし、接着剤を使用するなどやり方を間違えると、シリンダーが使えなくなってしまうなど深刻な事態に悪化するリスクがあります。

鍵が折れたときの対処法は、折れて鍵穴が詰まっている状況や、鍵トラブルをキッカケにシリンダー交換を一緒に検討するかなど、考え方によって状況が変わってきます。
主要な対処法と、実践をおすすめできるシチュエーションや考え方をまとめました。
なお、鍵が折れる時は経年劣化で金属疲労を起こしている場合があります。
側面がギザギザしている旧型の鍵はピッキングされやすいので、鍵が折れたトラブルをキッカケにディンプルキー(平面部分に窪みがある鍵)電子錠にシリンダー交換することをお勧めします。

ペンチやピンセットで掴んで抜き取る
有効な
場面
鍵穴の外側に折れた鍵の一部が顔を出している状況、ペンチでガッチリ掴める環境が望ましい
リスク作業を間違えると折れた鍵が奥に入り込んでしまって状況が悪化する

鍵が折れた時の対処法で、もっとも原始的な方法です。
鍵をしっかり掴むことができれば、簡単に解決できます。
奥に押し込んでしまうリスクがあるので、指先ではなく工具を使って少しでも奥に入るリスクが少ない方法で対処しましょう。

鍵を開けられない場合で、鍵を抜いても業者を呼ばないといけないケースは、自分で余計な作業をせずに折れた状態のまま業者を呼んだ方が無難です。
折れた段階で鍵が閉まっているのか?折れた鍵が抜け取れるなら合鍵を使って対処できるか?など、成功と失敗の双方を想定して実践するか検討してください。

接着剤を使う
有効な
場面
折れた鍵の救出に成功した場合でも、鍵の老朽化や防犯性能を理由にシリンダー交換を考えている
リスク失敗すると鍵穴の中で接着剤が固まって状況が悪化する

折れた鍵の片方が手元に残っている場合は、折れた部分に金属用の接着剤を使って鍵穴に差し込んで、粘着力によって取り出すことができます。
奥まで入った鍵でも成功率が高い対処法ですが、失敗した時のリスクが大きいです。
折れた鍵を取り出せれば合鍵で解錠することができて、成功した場合でもシリンダー交換を行う覚悟がある場合に検討してみてください。

シリンダーを外す
有効な
場面
鍵が開いている(内側から解錠できる)状況
リスクなし(多少の手間がかかる)

鍵が開いている状況なら、プラスドライバー1本で簡単にシリンダーを外せます。
シリンダーごと取り外したら、鍵穴を下側にして揺すったり上から叩いたりすることで折れた鍵が出てくるかもしれません。
鍵が出てこなかった場合でも、そのまま近くのホームセンターや鍵屋で新しいシリンダーを買ってくれば、格安で対処できます。

掃除機で吸ってみる
有効な
場面
吸引力が強い掃除機を使える環境がある
リスクなし(成功率が低いのが難点)

掃除機の吸引は引く方向にしか力がかからないので、余計な力で奥に押し込んでしまうリスクが低いです。
ただし、折れて詰まった鍵が吸引力だけで出てくるケースは少ないので、あまり期待はできません。

鍵が折れる時は前兆がある

鍵が折れる前兆をチェック

鍵が折れる原因は金属の疲労に加えて、鍵穴の内部に汚れやサビが詰まっていることが考えられます。
新品の鍵(シリンダー)であれば、適切に奥まで差し込めば、鍵穴を回す際の負荷が非常に少ないです。

鍵が折れるトラブルの大半は、経年劣化などで鍵穴が回りにくいという前兆が現れています。
特に側面がギザギザした鍵は、10年以上使うと負荷がかかりやすくなって折れるケースが多いです。

鍵を回す時に引っかかる感じがしたら寿命のサインです。
時代の変化で、ギザギザタイプの鍵(ピンシリンダーやディスクシリンダー)は古くて簡単にピッキングされてしまいます。
前兆を感じたら、事前にシリンダー交換することをおすすめします。